尤草紙・尤双紙(読み)もっとものそうし

  • もっとものそうし ‥のサウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

仮名草子。二巻。斎藤徳元作。寛永(一六二四‐四四)初年頃成立。同九年(一六三二)刊。「枕草子」の「ものは尽くし」の形式にならった八〇項目からなる随筆風の作品。近世初期に流行したパロディー文学の一つであり、作者の幅広い知識や教養を示しているが、滑稽味にはやや欠ける所がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android