就職難(読み)シュウショクナン

デジタル大辞泉の解説

しゅうしょく‐なん〔シウシヨク‐〕【就職難】

社会の経済状態が不振であるため、就希望者に比べて需要が少なく、なかなか職が得られないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしょくなん【就職難】

不況などにより、求人数が少なくて職に就くのが難しいこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうしょく‐なん シウショク‥【就職難】

〘名〙 就職することがむずかしいこと。社会や経済の状態が悪く、または就職希望者が多いのに需要が少なく、職につくことが困なこと。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
[補注]「富之礎(1911)〈安田善次郎〉附録〈安田善三郎〉」には「近来就職難(シュショクナン)といふ声が」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

就職難の関連情報