安田善三郎(読み)やすだ ぜんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田善三郎 やすだ-ぜんざぶろう

1870-1930 明治-大正時代の実業家。
明治3年10月10日生まれ。28年安田善次郎の養子。安田銀行(のちの富士銀行)をはじめ関連する三十余の銀行・会社を掌握し,金融界の重鎮となる。高学歴者の採用など,あたらしい方針をうちだした。貴族院議員。昭和5年1月9日死去。61歳。帝国大学卒。旧名は伊臣貞太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android