コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺側蹄状紋 しゃくそくていじょうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺側蹄状紋
しゃくそくていじょうもん

指紋のうち,小指側から始る隆線馬蹄形に流れて小指側に終る紋理をいう。これに対して,母指側から始り母指側に終るものを橈側蹄状紋 (とうそくていじょうもん) という。尺側蹄状紋には,母指側に三叉が1つある。指種,性別,人種により出現率が異なるといわれ,日本人では約 50%の出現率を示すのに対し,コーカソイドでは約 60%,女性ではやや高い値を示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android