コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橈側蹄状紋 とうそくていじょうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橈側蹄状紋
とうそくていじょうもん

皮膚紋理の一型。別名甲種蹄状紋指頭皮膚隆線 (指紋) が一方から始り馬蹄状に屈曲しもとの方向に終る紋理 (蹄状紋) のうち,隆線が母指側 (橈側) から始り母指側に終るものをいう。これに対し,小指側に始り小指側に終るものを尺側蹄状紋と名づける。橈側蹄状紋の出現頻度は低く,示指に最も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android