コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻八館遺跡 しりはちだていせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尻八館遺跡
しりはちだていせき

青森市北西部後潟にある中世の城郭址。津軽地方を支配した中世期の豪族安東氏に関係のある館といわれるが確証はない。発見された中国の竜泉窯の青磁浮牡丹文香炉などは貴重。このほか黒磁茶碗 (中国製) ,瀬戸天目の茶碗,その他茶壺に用いられた呂宋壺など喫茶関連の用具も出土した。これらのものは 14~15世紀の中央の上流階級の間で流行したもので,この館のあるじの経済力の豊かさ,政治力の強さを示すものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android