コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸天目 せとてんもく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸天目
せとてんもく

室町時代中期以降,瀬戸窯で焼かれた天目茶碗の一つ。茶道流行に伴って,濃い柿釉 (かきゆう) の上に黒色釉のかかったものが珍重された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せと‐てんもく【瀬戸天目】

中国の建盞(けんさん)に倣って、瀬戸または美濃で焼かれた天目茶碗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の瀬戸天目の言及

【天目】より

…また焼成時には黒釉が一方に流れ,釉だまりができるよう傾斜面を作って焼成し,そのため内側見込みの釉だまりはわずかに傾斜面を見せている。また朝鮮半島でも高麗時代に黒高麗と呼ぶ黒釉の碗や瓶が作られ,日本でも鎌倉時代に瀬戸で黒褐釉が用いられ,建盞や玳皮盞にならった瀬戸天目や美濃天目が作られた。【河原 正彦】。…

※「瀬戸天目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

瀬戸天目の関連キーワード尻八館遺跡

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android