コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸天目 せとてんもく

2件 の用語解説(瀬戸天目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸天目
せとてんもく

室町時代中期以降,瀬戸窯で焼かれた天目茶碗の一つ。茶道の流行に伴って,濃い柿釉 (かきゆう) の上に黒色釉のかかったものが珍重された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の瀬戸天目の言及

【天目】より

…また焼成時には黒釉が一方に流れ,釉だまりができるよう傾斜面を作って焼成し,そのため内側見込みの釉だまりはわずかに傾斜面を見せている。また朝鮮半島でも高麗時代に黒高麗と呼ぶ黒釉の碗や瓶が作られ,日本でも鎌倉時代に瀬戸で黒褐釉が用いられ,建盞や玳皮盞にならった瀬戸天目や美濃天目が作られた。【河原 正彦】。…

※「瀬戸天目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone