コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾垂木 オダルキ

デジタル大辞泉の解説

お‐だるき〔を‐〕【尾垂木】

社寺建築で、小屋組み内の斗栱(ときょう)から斜め下方へ突き出している垂木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾垂木の言及

【社寺建築構造】より

…組物が出組以上になると,先端にある丸桁(がぎよう)と壁上の桁との間に,水平の軒天井(小天井ともいう)や斜めの支輪(しりん)を設けるものが多い。三手先以上では組物の間に斜めの尾垂木(おだるき)が入り,中世以降では二手先でも尾垂木を入れたものがある。垂木は一重のもの(一軒(ひとのき))と二重のもの(二軒(ふたのき))があり,まれに三重のものがある。…

※「尾垂木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾垂木の関連キーワード大仏様建築社寺建築中国建築組物鬼斗

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android