コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円覚寺舎利殿 えんがくじしゃりでん

世界大百科事典内の円覚寺舎利殿の言及

【円覚寺】より

…建武新政府および足利尊氏からも,それまでの所領を認められ,南北朝の動乱期にも,いくつかの寺領を失ったが,30世大喜法忻(だいきほつきん)の俗弟の今川範国から寄進を受けるなど,駿河・武蔵・常陸に寺領の寄進があった。なお,1335年(建武2)には,それまで建長寺にあった開山祖元の塔頭(たつちゆう)正続院を円覚寺舎利殿に移している。室町時代には寺領は減少する一方で,74年(文中3∥応安7)には全山を焼失し,足利氏満や義満の援助を受けて復興したが,1401年(応永8),07年,21年,59年(長禄3)とつづいて火災にあい,1420年,33年(永享5)には震災にあって衰退した。…

【室町時代美術】より

…しかし今日では往時の面影をとどめているものはわずかに東福寺伽藍だけであり,三門,禅堂,東司(とうす),浴室の中世遺構が現存している。鎌倉円覚寺舎利殿,正福寺地蔵堂(東京都,1407ころ)の両者は方三間単層裳階(もこし)つき仏殿の典型で禅宗様の特徴を内外の各部にうかがえる。これより規模の小さい方三間単層仏殿遺構は安国寺釈迦堂(広島),天恩寺仏殿(愛知),普済寺仏殿(京都),常徳寺円通堂(香川),祥雲寺観音堂(愛媛),そして酬恩庵本堂(京都)などがある。…

※「円覚寺舎利殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円覚寺舎利殿の関連情報