尾崎忠征(読み)おざき ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎忠征 おざき-ただゆき

1810-1890 幕末の武士。
文化7年6月18日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。藩主徳川慶勝(よしかつ)に重用され,京都留守居役をつとめる。安政5年幕府による慶勝譴責にともない減禄,蟄居(ちっきょ)となった。文久2年復職。維新後名古屋藩少参事となった。明治23年3月9日死去。81歳。通称は大之助,八右衛門,八衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

尾崎忠征 (おざきただゆき)

生年月日:1810年6月18日
江戸時代末期;明治時代の尾張藩士
1890年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android