コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高 おだか

大辞林 第三版の解説

おだか【尾高】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾高
おだか

鳥取県北西部、米子(よなご)市の一地区。大山山麓(だいせんさんろく)にあり、戦国時代には毛利(もうり)方の行松(ゆきまつ)氏の尾高城があった。関ヶ原の戦い後、伯耆(ほうき)一国を与えられた中村忠一(ただかず)が居城したが、まもなく米子に移城し、尾高城は廃城となった。空堀が残る。大山表参詣(さんけい)路の要地で、大神山(おおがみやま)神社冬宮や市場跡もある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾高の関連キーワードBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団東京フィルハーモニー交響楽団紀尾井ホール室内管弦楽団細川俊夫(2)NHK交響楽団二重帰属意識札幌交響楽団小田内通敏勝山 方教フッサール尾高 尚忠芥川作曲賞危うい歳月湯の山温泉岩船 雅一安田利作ケルゼン尾高豊作矢代秋雄松村禎三

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾高の関連情報