コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高 おだか

大辞林 第三版の解説

おだか【尾高】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾高
おだか

鳥取県北西部、米子(よなご)市の一地区。大山山麓(だいせんさんろく)にあり、戦国時代には毛利(もうり)方の行松(ゆきまつ)氏の尾高城があった。関ヶ原の戦い後、伯耆(ほうき)一国を与えられた中村忠一(ただかず)が居城したが、まもなく米子に移城し、尾高城は廃城となった。空堀が残る。大山表参詣(さんけい)路の要地で、大神山(おおがみやま)神社冬宮や市場跡もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

尾高の関連キーワードBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団東京フィルハーモニー交響楽団紀尾井ホール室内管弦楽団細川俊夫(2)NHK交響楽団二重帰属意識札幌交響楽団芥川作曲賞尾高 尚忠勝山 方教岩船 雅一湯の山温泉フッサール危うい歳月小田内通敏ケルゼン安田利作石井真木松平建子松村禎三

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾高の関連情報