コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神山神社 おおがみやまじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

大神山神社【おおがみやまじんじゃ】

鳥取県米子市尾高大山(だいせん)の中腹に鎮座。旧国幣小社。祭神は大穴牟遅(おおなむち)神。延喜式内社とされる。中世には修験道の霊場として栄え,近くに供奉寺の大山寺がある。
→関連項目大山(鳥取)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大神山(おおがみやま)神社

鳥取県米子市(本社)、西伯郡大山町(奥宮)にある神社。創祀は不明。祭神は大穴牟遅神(おおなむちのかみ)(本社)、大己貴命(おおなむちのみこと)(奥宮)。本社は大山山麓、奥宮は山頂に位置し、大山信仰の中心。奥宮の権現造の社殿は日本最大級で国の重要文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大神山神社
おおがみやまじんじゃ

鳥取県米子(よなご)市尾高に鎮座。主神は大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主命(おおくにぬしのみこと))、相殿に少彦名神(すくなひこなのかみ)、須佐之男神(すさのおのかみ)、大山津見神(おおやまつみのかみ)を祀(まつ)る。社伝によると、当初は大山(だいせん)(大神山)の中腹に鎮座していたが、延久(えんきゅう)・承保(じょうほう)(1069~77)のころ大山寺の僧徒が両部神道(りょうぶしんとう)を唱えて山麓(さんろく)に移し、その後1680年(延宝8)現在地に遷座したと伝える。837年(承和4)従(じゅ)五位下を授けられ、867年(貞観9)には正五位上になっている。『延喜式(えんぎしき)』神名帳には小社として名をみせ、「おおみわのやま」と読まれていたという。後醍醐(ごだいご)天皇が船上山(せんじょうさん)に遷幸された際には、朝敵退散の祈願を込められたといわれている。また修験(しゅげん)道場としても栄えたが、明治の神仏分離により大山中腹に奥宮(西伯(せいはく)郡大山(だいせん)町)が置かれた。1871年(明治4)国幣小社に列した。例祭は、春季が4月29日、秋季は10月9日。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大神山神社の言及

【大山】より

…最も多いのはシジュウカラ,ヒカラなどで,ついでアオゲラ,セキレイの類が多い。 大山は古来山岳信仰の対象とされ,中腹に大神山(おおかみやま)神社と天台宗大山寺がある。江戸期,大山寺は幕府より3000石を与えられ,14坊42塔頭(たつちゆう)があった。…

※「大神山神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大神山神社の関連キーワード大山寺(だいせんじ、鳥取県)大山隠岐国立公園鳥取県米子市尾高鳥取県米子市大山(町)米子(市)富次 精斎富次精斎荒尾成章川合清丸

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大神山神社の関連情報