コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神山神社 おおがみやまじんじゃ

3件 の用語解説(大神山神社の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大神山神社【おおがみやまじんじゃ】

鳥取県米子市尾高,大山(だいせん)の中腹に鎮座。旧国幣小社。祭神は大穴牟遅(おおなむち)神。延喜式内社とされる。中世には修験道の霊場として栄え,近くに供奉寺の大山寺がある。
→関連項目大山(鳥取)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

大神山(おおがみやま)神社

鳥取県米子市(本社)、西伯郡大山町(奥宮)にある神社。創祀は不明。祭神は大穴牟遅神(おおなむちのかみ)(本社)、大己貴命(おおなむちのみこと)(奥宮)。本社は大山山麓、奥宮は山頂に位置し、大山信仰の中心。奥宮の権現造の社殿は日本最大級で国の重要文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大神山神社
おおがみやまじんじゃ

鳥取県米子(よなご)市尾高に鎮座。主神は大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主命(おおくにぬしのみこと))、相殿に少彦名神(すくなひこなのかみ)、須佐之男神(すさのおのかみ)、大山津見神(おおやまつみのかみ)を祀(まつ)る。社伝によると、当初は大山(だいせん)(大神山)の中腹に鎮座していたが、延久(えんきゅう)・承保(じょうほう)(1069~77)のころ大山寺の僧徒が両部神道(りょうぶしんとう)を唱えて山麓(さんろく)に移し、その後1680年(延宝8)現在地に遷座したと伝える。837年(承和4)従(じゅ)五位下を授けられ、867年(貞観9)には正五位上になっている。『延喜式(えんぎしき)』神名帳には小社として名をみせ、「おおみわのやま」と読まれていたという。後醍醐(ごだいご)天皇が船上山(せんじょうさん)に遷幸された際には、朝敵退散の祈願を込められたといわれている。また修験(しゅげん)道場としても栄えたが、明治の神仏分離により大山中腹に奥宮(西伯(せいはく)郡大山(だいせん)町)が置かれた。1871年(明治4)国幣小社に列した。例祭は、春季が4月29日、秋季は10月9日。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大神山神社の言及

【大山】より

…最も多いのはシジュウカラ,ヒカラなどで,ついでアオゲラ,セキレイの類が多い。 大山は古来山岳信仰の対象とされ,中腹に大神山(おおかみやま)神社と天台宗大山寺がある。江戸期,大山寺は幕府より3000石を与えられ,14坊42塔頭(たつちゆう)があった。…

※「大神山神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大神山神社の関連キーワード大山大山隠岐国立公園伯備線米子市大山寺米子大山火山帯大山初太郎長尾寛治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大神山神社の関連情報