米子(読み)よなご

精選版 日本国語大辞典「米子」の解説

よなご【米子】

鳥取県西部の地名。日野川下流域と弓ケ浜半島中・南部にまたがる。江戸初期、中村氏一八万五千石の城下町、のち廃藩となり、鳥取池田藩家老荒尾氏の支配地となる。中海に臨み良港をもち、木材木綿などの集散地として栄えた。JR山陰本線、伯備線境線が通じる鉄道交通の要衝で、機械・パルプ工業などの盛んな商工業都市。昭和二年(一九二七市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android