尿量(読み)にょうりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

にょう‐りょう ネウリャウ【尿量】

〘名〙 排出する尿分量
※真理の春(1930)〈細田民樹〉この歓び「尿量(ネウレウ)が次第にすくなく、反対にその色は、〈略〉濃くなってゆく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尿量の言及

【腎臓】より

… 尿の生成には腎血流量,血圧,血中成分などの変動が関係し,その調節には神経やホルモンが複雑に関与している。なかでも,脳下垂体後葉ホルモンは,尿細管での水の再吸収を増加して尿量を減少させる。副腎皮質ホルモンのアルドステロンは,尿細管でのナトリウムの再吸収を増加させる。…

【尿】より

…その変動幅は30~1400mOsmである。 健康成人の1日当りの尿量は1~1.5lであり,排尿回数はふつう4~6回である。排尿回数が増加した場合は頻尿と呼ばれる。…

※「尿量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尿量の関連情報