居心地(読み)いごこち

精選版 日本国語大辞典「居心地」の解説

い‐ごこち ゐ‥【居心地】

〘名〙 ある場所地位にいるときの気分、ぐあい。を落ちつけた時の感じ。住みごこち。居心(いごころ)
※疲労(1907)〈国木田独歩〉「常旅宿となると矢張居心地(ヰゴコチ)が可いからサ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「居心地」の解説

い‐ごこち〔ゐ‐〕【居心地】

ある場所・地位などにいるときの感じや気持ち。居心いごころ。「居心地のよい部屋」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android