コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈輪文 ぐりもん

1件 の用語解説(屈輪文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈輪文
ぐりもん

「ぐりん」「ぐりぐり」ともいう。渦巻文や,雲文に似た曲線から成る文様。日本では鎌倉時代に中国,宋より輸入された堆朱 (ついしゅ) などの漆工品に多く装飾として用いられ,禅宗寺院の建築装飾やその他工芸品にも施された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屈輪文の関連キーワードグリセリドトリグリセリド屈輪ぐりぐりグリセロールグリンプス新ポリグリップポリグリップマーレ・リグリアグリーンエッジ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone