コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻文 うずまきもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦巻文
うずまきもん

渦文ともいう。幾何学的文様の一種。多種で変化に富む。ヨーロッパ旧石器時代の遺物に使用例があり,装飾文様に多用された。日本では,岡山県瑜珈山出土の『連続渦巻文平形銅剣』,神戸市渦森出土の蕨手状渦巻文を施した『袈裟襷文銅鐸 (けさだすきもんどうたく) 』などのように,弥生時代の出土遺物に例証がある。この場合単に文様としてだけでなく,特殊な意味を有する点を考慮する必要がある。その他土器の装飾,古墳壁画,瓦当文様などに用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦巻文
うずまきもん

螺旋(らせん)形を描きながら、中心から外へ向かって広がっていく曲線文様。原始時代のほとんどすべての民族に愛好されたため、これほど広く世界各地に分布した文様はない。それは渦巻がきわめて簡単な図形であるということより、渦巻の求心的ないし遠心的な運動感が、共通して原始人にある種の神秘的な力を印象づけたためであると思われる。日本における縄文時代中期・後期の土偶(どぐう)や土版(どばん)にみられる渦巻はその一例で、これなどは土偶や土版の呪術(じゅじゅつ)的な効果をよりいっそう高めるために施文されたものと考えてよいだろう。渦巻文はその後、神秘的な力をしだいに失っていくが、庶民の着物や袴(はかま)の文様に取り上げられたり、近世以後は能、狂言の衣装や中形、小紋などの文様として長く賞用された。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渦巻文の関連キーワードイオニア式オーダーベラクルス古典文化タシュトゥイク文化バンテアイスレイボイン文化遺跡群コンポジット式バーンチェーンオセアニア美術トリポリエ文化ドーリス様式ディミニ土器ククテニ文化袈裟襷文銅鐸清戸迫横穴幾何学様式ボリュート中国美術羽山横穴幾何学文泉崎横穴

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渦巻文の関連情報