コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻文 うずまきもん

2件 の用語解説(渦巻文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦巻文
うずまきもん

渦文ともいう。幾何学的文様の一種。多種で変化に富む。ヨーロッパ旧石器時代の遺物に使用例があり,装飾文様に多用された。日本では,岡山県瑜珈山出土の『連続渦巻文平形銅剣』,神戸市渦森出土の蕨手状渦巻文を施した『袈裟襷文銅鐸 (けさだすきもんどうたく) 』などのように,弥生時代の出土遺物に例証がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦巻文
うずまきもん

螺旋(らせん)形を描きながら、中心から外へ向かって広がっていく曲線文様。原始時代のほとんどすべての民族に愛好されたため、これほど広く世界各地に分布した文様はない。それは渦巻がきわめて簡単な図形であるということより、渦巻の求心的ないし遠心的な運動感が、共通して原始人にある種の神秘的な力を印象づけたためであると思われる。日本における縄文時代中期・後期の土偶(どぐう)や土版(どばん)にみられる渦巻はその一例で、これなどは土偶や土版の呪術(じゅじゅつ)的な効果をよりいっそう高めるために施文されたものと考えてよいだろう。渦巻文はその後、神秘的な力をしだいに失っていくが、庶民の着物や袴(はかま)の文様に取り上げられたり、近世以後は能、狂言の衣装や中形、小紋などの文様として長く賞用された。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渦巻文の関連キーワード幾何学的錯視幾何学的精神擬似幾何学平面幾何学立体幾何学麻の葉幾何学的模様総合幾何学幾何学的公差幾何学的 Gop pa 符号

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渦巻文の関連情報