コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲文 うんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲文
うんもん

雲形文様のこと。中国の美術工芸品に広く用例があり,形状により宝雲文,雲雷文,流雲文,霊芝 (れいし) 雲文などという。単純な曲線で雲を象徴的に表わし,漢代の奔放で変化に富む形,唐代の霊芝の形のように時代によって形に特色が生じた。雲文は日本にも伝来し,古くは正倉院の工芸品をはじめ各種工芸品に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の雲文の言及

【文様】より

…それは単に彫刻,絵画,建築などに従属するものではないのである。
【モティーフの分類】
 文様はそのモティーフの種類によって大別すると,幾何学文,動物文,植物文,人物文,自然現象に関するもの(天象の日月星辰文,雲文,水波文,火焰文,山岳文など),文字文などがあげられる。さらにこれらのいくつかを組み合わせた狩猟文や風景文などもある。…

※「雲文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲文の関連キーワード島根県出雲市浜町佐味田宝塚古墳今市大念寺古墳池田記念美術館元暦校本万葉集三津永田遺跡七宝(工芸)池原 魚眠洞近江国府跡波多野清秀島根[県]内島 北朗中村 勝馬唐物久兵衛盤竜城遺跡中国美術中村勝馬武烈王陵鄭 浩承月舟寿桂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲文の関連情報