屋久島ユネスコエコパーク(読み)やくしまゆねすこえこぱーく

事典 日本の地域遺産の解説

(鹿児島県熊毛郡屋久島町)
ユネスコエコパーク」指定の地域遺産。
屋久島ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)は、九州本島最南端から60km南の東シナ海と太平洋の間に位置する。屋久島の最高峰宮之浦岳(1935m)から海岸域まで含まれる。総面積は18,958ha。屋久島スギ原生林が1924(大正13)年国の特別天然記念物に指定されたのをはじめとして、霧島屋久国立公園や原生自然環境保全地域、森林生態系保護地域、世界遺産など島の一部または全体が保護されている。年間25~30万人の観光客と登山者が訪れ、エコツアーも行われている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android