コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋根勾配 ヤネコウバイ

リフォーム用語集の解説

屋根勾配

屋根を仕上げるときの角度のこと。屋根の傾斜の度合いを示すものである。屋根勾配を表す時には30°や60°といった角度は使用せず、4寸勾配(4/10)、6寸勾配(6/10)といった、底辺を10としたときの高さを表す特殊な角度を使用する。これは棟木母屋の取り付け高さの計算を簡単にするため。屋根勾配によって使える屋根仕上げの制限があり、緩いほど防水性能の高い屋根仕上げ材を使う必要がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

屋根勾配の関連キーワードマンサード屋根日本の民家入り母屋小屋組みかや葺き規矩術藁葺き木構造垂木引窓

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋根勾配の関連情報