底辺(読み)テイヘン

デジタル大辞泉の解説

てい‐へん【底辺】

三角形で、頂点に対する辺。二等辺三角形で、等辺でない辺。台形で、平行な2辺。
組織などの基盤をなす部分や、社会の下層部分のたとえ。「産業の底辺を支える人たち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていへん【底辺】

三角形で頂角に対する辺。特に二等辺三角形では等辺でない辺をいう。台形では平行な二辺をいい、上にあるものを上底、下にあるものを下底と呼ぶ。
社会の下層階級のたとえ。また、一つの分野で、頂点に立つ人を支える大勢の人々。 〔の意では「数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書」(1889年)に英語 base(of a Triangle)の訳語として載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐へん【底辺】

〘名〙
三角形の頂点に対する辺。三角形で高さを測るために基準にとった辺。二等辺三角形の等辺でない辺。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② 物事の底の部分。特に、社会の下層部。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉I「近代国家の政治理論は〈略〉頂点の制作主体としての君主の役割を、底辺の主体的市民の役割にまで旋回した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

底辺の関連情報