コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

属名 ゾクメイ

大辞林 第三版の解説

ぞくめい【属名】

動植物の、属を示す名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の属名の言及

【種】より

…生物の分類はさらに下って18世紀のC.vonリンネによって確立されたが,彼の場合も,一つ一つの種について長いラテン語による記載を与えていた。ただ,よく似た種の集りである属genusの名前に,種の長い記載のうちから特徴的な1語を選んで欄外にそれを示す方法をとったので,属名とその1語(これを種小名epithet,specific nameという)を組み合わせた種名の表記法(のちに二命名法binominal nomenclatureといわれるようになった)がしだいに使われるようになった。これにより種名の表記法が簡潔となり,おりからの探検の時代とあいまって,世界中の生物相の研究が促進されることになった。…

※「属名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

属名の関連キーワードゲンペイクサギ(源平臭木)ホモサピエンスサピエンスアウストラロピテクスニッポニアニッポンシンフォリカルポスレプトケファルスエシェリヒアコリパレオロクソドンピテカントロプスポリポディウムユーフォルビアサッカロミセスアジメドジョウチャマエドレアリクイダンバルコルダイテスアノフェレスアナブレプスハイビスカスペコプテリス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android