コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屠肉歩留り とにくぶどまりdressed carcass percentage

1件 の用語解説(屠肉歩留りの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とにくぶどまり【屠肉歩留り dressed carcass percentage】

屠殺時の生体重に対する屠肉量の比率。枝肉歩留りともいう。ウシ,ウマの場合は放血した屠体を剝皮して,頭は第1頸椎から,前肢は腕節の下から,後肢は飛節の下から,尾は根もとから切り落とす。そして腹壁の正中線を切り開いて,腎臓と腎脂肪だけを残し,内臓を全部摘出したものが枝肉または屠肉体と呼ばれるもので,その重量が屠肉量である。肉牛では65~70%が標準である。ブタの場合はウシと異なり,剝皮をしない場合が多く,頭,四肢端もつけたままで屠肉量を測るので,屠肉歩留りの標準も85%くらいになるが,ウシと同じ方法で測れば75%くらいに相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone