履中天皇陵古墳(読み)リチュウテンノウリョウコフン

  • りちゅうてんのうりょうこふん〔リチユウテンワウリヨウ〕

デジタル大辞泉の解説

大阪府堺市西区石津ヶ丘にある、5世紀の古墳百舌鳥(もず)古墳群の一。日本で3番目に大きい前方後円墳で、長さ365メートル、高さ28メートル。墳丘からは円筒埴輪(はにわ)のほか、高さ1.4メートルの大型の靫形(ゆぎがた)埴輪出土履中天皇の陵として定され、宮内庁が管理する。履中陵古墳百舌鳥耳原南陵上石津ミサンザイ古墳ミサンザイ古墳石津ヶ丘古墳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

履中天皇陵古墳の関連情報