コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下摩起 やました まき

美術人名辞典の解説

山下摩起

日本画家。兵庫県生。京都絵専卒。竹内栖鳳に師事し、仏画を能くした。朝日文化賞受賞。昭和48年(1973)歿、83才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下摩起 やました-まき

1890-1973 明治-昭和時代の日本画家。
明治23年4月21日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)にまなぶ。明治43年文展で「渓風」が初入選。以後文展,帝展などに出品。昭和10年以降は個展で活躍。35年大阪四天王寺五重塔壁画を完成,朝日賞をうけた。昭和48年11月7日死去。83歳。兵庫県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は正直。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山下摩起の関連キーワード山下 摩起昭和時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android