コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県立近代美術館 ひょうごけんりつきんだいびじゅつかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫県立近代美術館
ひょうごけんりつきんだいびじゅつかん

神戸市灘区原田通にある美術館。兵庫県政 100年記念事業として 1970年 10月開館。ロダンブールデルなど近代の彫刻,アンソールルドンゴヤなど近代の版画を系統的に収集。また小磯良平金山平三など郷土にゆかりのある作家の作品も収集している。収蔵作品総数約 2300点。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

兵庫県立近代美術館【ひょうごけんりつきんだいびじゅつかん】

神戸市灘区にある美術館。村野藤吾の設計により1970年開館。近代彫刻,近代版画,郷土美術,現代美術を収集の柱とする。小磯良平・金山平三など同県ゆかりの画家の作品を多数収蔵。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

兵庫県立近代美術館の関連キーワード兵庫県立美術館具体美術協会今竹 七郎山下 摩起中山 岩太金井 元彦前田寛治橋本関雪阪本 勝阪本勝菅井汲林武

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県立近代美術館の関連情報