コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山代固後家尼 やましろ・かたむのごけあま

1件 の用語解説(山代固後家尼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

山代固後家尼

生年:生没年不詳
鎌倉時代の女性。法名法阿弥陀仏。肥前国(佐賀県,長崎県)松浦郡宇野厨内小値賀島の地頭職を巡って固の女子源氏との間に相論を展開,裁許により,譲状を帯していた後家尼の所領進退が認められた。延応1(1239)年の2度目の下知状でも一期分として知行権が認められ,その後は尼の代人源広(固の猶子)が知行権を認める裁許を得た。知行権の認定に際し,改嫁したかどうかが争点になっている点が注目される。

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山代固後家尼の関連キーワード阿弥陀仏南無阿弥陀仏阿弥陀阿弥陀講阿弥陀号阿弥陀法他阿弥陀仏弥陀仏阿弥陀聖阿弥陀割

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone