コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁許 サイキョ

デジタル大辞泉の解説

さい‐きょ【裁許】

[名](スル)
役所などが裁決して許可を与えること。裁可。「申請を裁許する」
中世近世判決の称。また、判決を与えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいきょ【裁許】

( 名 ) スル
役所などで、下から上申された事項を審査して許可すること。 「市長が-する」
鎌倉時代以後、裁判で申し立てを認める判決や決定を与えること。 「あはれとく御-あるべきものを/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の裁許の言及

【噯∥扱】より

…【勝俣 鎮夫】
[近世]
 取扱ともいい,仲介者を噯人,扱人と称した。江戸幕府は,私的紛争は当事者間で話し合い,互譲,解決する内済(ないさい)を原則とし,原告被告の主張の当否を判断して裁許(さいきよ),すなわち判決を下すのは,やむをえない場合に限られた。裁判外はもとより裁判中にも役人は内済が成立するように誘導し,ときに威圧を加え,扱人は役人の意を汲んで両当事者を納得させるように努めた。…

【下知状】より

…下知状に書かれる内容と用途ははじめのうちは明確にきまっていなかったが,時代が下るにつれてその範囲が固定化してきた。すなわち幕府の裁許文書として裁判のおりの判決(当時これを裁許といった)に多く用いられた。今日残る下知状の大半はこの裁許状であるが和与(わよ)の際にも用いられる。…

【裁許状】より


[中世]
 裁許(判決)の内容を記した文書。鎌倉時代初期には下文(くだしぶみ)を用いて裁許したこともあったが,まもなく下知状(げちじよう)の様式を用いるようになった。…

【目安裏判】より

…裏書で指定された期日(差日(さしび))には両当事者が奉行所に出廷し,対決審問を受けるのであるが,差日以前に内済することもあった(訴訟中内済,裏書中内済)。判決(裁許(さいきよ))を申し渡され,または内済が成立して〈済口聞届(すみくちききとどけ)〉(奉行所による承認)の手続が済むと,訴訟人は目安と返答書を継ぎ合わせたものを下付され,再び裏書加判の奉行宅を巡歴して消印を受け,これを初判の奉行所に納めて裁判は終了した。【神保 文夫】。…

※「裁許」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裁許の関連キーワード山論(さんろん)板倉氏新式目御仕置裁許帳山代固後家尼鎌倉将軍府京都町奉行銭屋五兵衛副状∥添状鎮西談議所金沢政顕書下年号千野兵庫鎮西奉行飯尾貞連済口証文使節遵行伺事記録北条政顕坂上明胤椎名道三

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android