猶子(読み)ユウシ

大辞林 第三版の解説

ゆうし【猶子】

〔古くは「ゆうじ」とも〕
〔「礼記檀弓上」による。自分の子供のようなものの意〕 甥おい、または姪めい
親族または他人の子を自分の子としたもの。養子。義子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猶子
ゆうし

兄弟・親類や他人の子と親子関係を結ぶ制度。平安期より貴族社会を中心に行われ、鎌倉期以降は武家でも行われた。中国における本義は兄弟の子の意。わが国では、仮親の権勢をかりたり、一家・同族内の結束を強化するために行われた。養子とは異なり相続を目的としないというが、実際は明確な区別はなく、子ということで相続がなされる場合も多い。ときに両者をまったく同義で使用している場合がある。[飯沼賢司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐し イウ‥【猶子】

〘名〙 (「ゆうじ」とも)
① 兄弟の子。甥(おい)。姪(めい)
※性霊集‐四(835頃)為酒人内公主遺言「无顧命、猶子之義、礼家所貴」 〔礼記‐檀弓・上〕
② 兄弟、親戚、また、他人の子を自分の子としたもの。仮に結ぶ親子関係の子の称。厳密には、養子と区別される。相続には関与できないのが通例であるが、例外もある。
※三教指帰(797頃)上「豈思、諄諄之意、切於猶子、懃懃之思、重於比児
古今著聞集(1254)二「僧正を御猶子にして、憐愍の志実子にすぎたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の猶子の言及

【養子】より

…現代養子法のいま一つの機能は配偶者の(連れ)子を養子とする親族養子であり,アメリカ(年間10万件),イギリス(年間2万件)では全養子のほぼ半数をこれが占めている。
[日本]
 日本には古来,生前養子のほか死後養子があり,継嗣養子のほか猶子,実子(実子貰受け)があり,縁組の種類は多様であった。明治民法は通常の養子のほか婿養子と遺言養子を認めていたが,第2次大戦後の改正で婿養子・遺言養子が廃され,養子の種類は単一になった。…

※「猶子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猶子の関連情報