山内 以九士(読み)ヤマノウチ イクジ

20世紀日本人名事典の解説

山内 以九士
ヤマノウチ イクジ

昭和期の野球記録研究家



生年
明治35(1902)年3月31日

没年
昭和47(1972)年6月3日

出身地
島根県松江市

本名
山内 育二

学歴〔年〕
慶応義塾大学卒

経歴
慶大時代、当時野球部監督でルール研究の草分けだった直木松太郎に私淑。昭和11年アメリカの改正ルールによる「最新野球規則書」を手がけ、15年広瀬謙三と共同編纂した「日本野球規則」がプロ野球で採用され、規則委員となる。17年日本野球の公式記録員、23年規則委員長、25年よりパリーグ記録部長を務めた。防禦率、自責点などの記録用語の考案、各種記録の整備集大成、打率早見表の完成など、プロ野球の裏方として多くの功績を残した。60年野球殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android