コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内 以九士 ヤマノウチ イクジ

20世紀日本人名事典の解説

山内 以九士
ヤマノウチ イクジ

昭和期の野球記録研究家



生年
明治35(1902)年3月31日

没年
昭和47(1972)年6月3日

出身地
島根県松江市

本名
山内 育二

学歴〔年〕
慶応義塾大学卒

経歴
慶大時代、当時野球部監督でルール研究の草分けだった直木松太郎に私淑。昭和11年アメリカの改正ルールによる「最新野球規則書」を手がけ、15年広瀬謙三と共同編纂した「日本野球規則」がプロ野球で採用され、規則委員となる。17年日本野球の公式記録員、23年規則委員長、25年よりパリーグ記録部長を務めた。防禦率、自責点などの記録用語の考案、各種記録の整備集大成、打率早見表の完成など、プロ野球の裏方として多くの功績を残した。60年野球殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android