コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直木松太郎 ナオキマツタロウ

デジタル大辞泉の解説

なおき‐まつたろう〔なほきまつタラウ〕【直木松太郎】

[1891~1947]野球指導者。京都の生まれ。慶大在学中に米国の野球規則を翻訳して出版。また、独自のスコア記録法を確立。慶大監督、東京六大学野球連盟規則委員を務め、野球ルールの基礎を築いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直木松太郎 なおき-まつたろう

1888-1947 大正-昭和時代の野球人。
明治21年1月24日生まれ。慶応義塾在学中にアメリカの野球規則を翻訳出版。独自の試合記録法を考案,大正6年ルール上の疑問点をアメリカ2大リーグの総裁にただし,「野球規則書」を完成。のち慶大野球部監督,東京六大学野球連盟規則委員などをつとめた。昭和22年4月7日死去。60歳。45年野球殿堂入り。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

直木松太郎の関連キーワード山内 以九士山内以九士昭和時代直木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android