コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏方 うらかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏方
うらかた

劇場用語。舞台の引き幕を境に,その奥の楽屋,演出関係にたずさわる人々をいう。経営,宣伝その他客を扱う人々を表方というのに対する語で,俳優を除いて,演出家脚本家舞台監督をはじめ,大道具小道具メーキャップ床山,衣装,囃子方などをさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うら‐かた【裏方】

芝居で、舞台の裏側で働く人。大道具・小道具・衣装・音響・照明などの係、伝統芸能での囃子方(はやしかた)など。→表方(おもてかた)
表立たず、陰で実質的な仕事を引き受け、すすめる人。「大会の裏方をつとめる」
貴人の妻の称。奥方。内室。
「ある武将の―に瘧(おこり)をわづらへることあり」〈咄・醒睡笑・三〉
江戸時代以後、本願寺門主の夫人の称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

裏方【うらかた】

演劇用語。舞台の幕を境にして,裏で働く劇場関係者。舞台監督,大道具,小道具,照明,衣装,床山などの舞台関係者の総称。ただし俳優は普通含まれない。表方の対。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらかた【裏方】

劇場用語。劇場の引幕を境に客席側を〈表〉といい,興行経営などに当たる人を〈表方〉と呼ぶ。それに対し,幕の内側,楽屋を〈裏〉といい,舞台で演ずることに携わる関係者を〈裏方〉と称する。頭取狂言作者,囃子方,大道具方,小道具方,衣装方,床山,楽屋の口番などが含まれる。近年は照明,音響担当者など広く演出面に携わる人をも含める。観客の目に立たないところという本来の意味からか,演技者は含めないことになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うらかた【裏方】

芝居で、舞台裏のいろいろな仕事をする人。道具方・衣装方・狂言方・照明方など。 ↔ 表方
表立たないで、実質的な仕事をする人。 「祝賀会の-をつとめる」
貴族や貴人の奥方。内の方。
江戸時代以降、特に本願寺法主の夫人の称。御裏様。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏方
うらかた

劇場用語。「表方(おもてかた)」に対する名称で、舞台の引幕(ひきまく)を境として、それよりも奥(裏)で働く演技関係者。ただし俳優は含まない。大道具方、小道具方、衣装、床山(とこやま)、狂言作者、囃子方(はやしかた)をはじめ、頭取(とうどり)や楽屋口(がくやくち)番などが「裏方」にあたる。華やかに演劇が上演される背後にあって、直接観客の目に触れることのないところで創造を支えている重要な役割の人たちである。これが転じて一般用語でも「縁の下の力持ち」的な役割をする人をこの名でよぶ。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

裏方の関連キーワードマニピュレーター[manipulator]元士官による海軍反省会ジョディ シーレンフライギャラリーマニピュレーターショーン ペンユル ブリナーネクラーソフ山内 以九士タニア ハフベン クロスケイ ルーク青空 星夫青島 俊夫重版出来!土岐 八夫大谷 紝子杉原荒太竹柴蟹助野口征吾

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏方の関連情報