山口照次(読み)やまぐち てるじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口照次 やまぐち-てるじ

?-? 明治-大正時代の陶工。
佐賀県有田の人。有田製陶所技術員をへて,明治40年ごろ白川に窯をひらく。鍋島焼(なべしまやき)風の青磁,染め付けの皿などに定評があった。大正年間に没した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android