コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋島焼 なべしまやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍋島焼
なべしまやき

鍋島藩の藩窯で焼かれた磁器。寛永5 (1628) 年に鍋島藩が有田の岩谷川内 (いわやがわち) で焼かせたのに始る。その後,窯は南川原を経て大河内 (伊万里市大川内町) に移された (→伊万里焼 ) 。藩はこの藩窯に巨額の資金を出し,優秀な職人と最高の技術で精巧な製品を作らせ,その多くは江戸幕府,諸藩への贈り物とされたほか,藩の財源ともなった。作品には染付と色絵 (色鍋島) があるが,最も洗練されたものは色絵で,日本の製陶術中最高といわれる。明治4 (1871) 年に廃窯となったが,その技法は今日も伝承されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なべしま‐やき【鍋島焼】

江戸前期、肥前鍋島家が藩窯で焼かせた磁器。寛永5年(1628)の始まりと伝えるが、延宝3年(1675)松浦郡大川内に窯を移してから最盛期を迎えた。貴紳への献上品の焼造を主眼として、精巧華麗な作風を展開。染め付け青磁もあるが、特に色絵色鍋島として名高い。明治初期に藩窯は廃されたが、その技法は民間に受け継がれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鍋島焼【なべしまやき】

有田焼の一種で,佐賀藩鍋島家の藩窯の製品。寛永年間,有田の岩谷川内で開窯,その後大川内(現,伊万里市)に移り幕末まで続いた。材料を厳選し,練達工人を分業制で雇用してすぐれた磁器を焼いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なべしまやき【鍋島焼】

佐賀県伊万里市におかれた鍋島藩の御用窯(藩窯),またその製品をいう。有田焼を支配下におさめる鍋島藩は,藩の誇るこの磁器窯をもとに,特別に設けた御用窯で精巧な磁器をつくらせ,将軍,大名,公家などへの献上品とした。明治初年の文献によると,1628年(寛永5)に初代藩主勝茂が岩谷川内(いわやごうち)窯を藩窯に指定したのにはじまり,61年(寛文1)南川良(なんがわら)に移り,75年(延宝3)には現在の伊万里市二本柳にある大川内(おおかわち)山に立地したと伝えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なべしまやき【鍋島焼】

佐賀藩の鍋島氏が、肥前国松浦郡大川内の藩窯で焼かせた磁器。色絵が特に名高く、色鍋島と呼ばれる。他に染め付けや青磁がある。大川内焼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋島焼
なべしまやき

江戸時代の代表的な磁器窯およびその製品。伊万里(いまり)焼を領有していた肥前(ひぜん)国(佐賀県)鍋島藩の御用窯(藩窯)。初代藩主勝茂(かつしげ)が1628年(寛永5)に有田(ありた)町の岩屋川内(いわやがわち)窯を藩窯に指定したと伝え、その後61年(寛文1)同町の南川原(なんがわら)に移ったとされるが、いずれも確証はない。窯跡が明らかなのは、一般に第三期の窯とされている伊万里市二本柳大川内(おおかわち)に移ってからであり、窯跡出土陶片から元禄(げんろく)年間(1688~1704)を少しさかのぼる時期には明確にその実像をつかむことができる。
 鍋島窯は、貴紳に献上する優品の焼造を主眼としたため、採算を度外視して、厳格な様式統制のもとに原料を精選し、超絶した技巧を駆使して色絵、染付(そめつけ)、青磁などの多くの皿を焼いたが、とりわけ色絵は色鍋島と称して声価が高い。形は単純な木盃(もくはい)形の円形皿で、径の大きさは一尺、七寸、五寸、三寸と多様である。見込(みこみ)には独創無比な文様を描き込み、純和様磁器の様式美を樹立した。みごとに整った様式規制は藩窯ならではの所産であり、卑俗に染まらぬ唯美主義を貫き、高貴にして典雅を極め、洗練された江戸文化の粋を結集した観がある。元禄年間が黄金時代で、江戸時代を通じて窯は存続したが、1871年(明治4)の廃藩置県により藩の事業は終え、その後は民間に移された。重要文化財に指定されている「色絵菊芙蓉(きくふよう)図皿」「色絵桃(もも)図皿」「色絵松竹梅橘文瓶子(たちばなもんへいし)」などが著名である。[矢部良明]
『永竹威著『肥前陶磁の系譜』(1974・名著出版) ▽矢部良明著『名宝日本の美術26 染付と色絵磁器』(1980・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鍋島焼の関連キーワード佐賀県伊万里市大川内鍋島窯跡今泉今右衛門山口照次

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鍋島焼の関連情報