山口鳴鶴(読み)やまぐち めいかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口鳴鶴 やまぐち-めいかく

1798-1827 江戸時代後期の儒者。
寛政10年生まれ。山口西里(さいり)の子。山口修斎の父。古義学を父にまなぶ。兄の山口西園とともに安芸(あき)広島藩家老上田氏の講学所教授となる。詩文にもすぐれ,頼山陽(らい-さんよう)と親交があった。文政10年11月9日死去。30歳。安芸出身。名は直節。通称は清助。初号は西樵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android