詩文(読み)しぶん

精選版 日本国語大辞典「詩文」の解説

し‐ぶん【詩文】

〘名〙 章。古くは、漢詩と漢文。また、文学作品や文芸性のある著作物一般をさしていう。詩筆。
※済北集(1346頃)一一「凡詩文拘声韻複宇佳句者皆庸流也」 〔韓愈‐題張十八所居詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android