コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名政清 やまな まさきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名政清 やまな-まさきよ

?-? 室町時代の武将。
山名教清(のりきよ)の子。美作(みまさか),石見(いわみ)の守護。応仁(おうにん)の乱(1467-77)では山名持豊(もちとよ)の西軍に属したが,この間に領国美作は赤松方に奪回された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山名政清

生年:生没年不詳
室町時代の武将。教清の子。兵部少輔。長禄年間(1457~60)ごろに父教清から美作・石見守護を伝領したが,うち美作は嘉吉の変(1441)で赤松氏から没収され教清に与えられたものであった。応仁1(1467)年に応仁の乱が勃発すると家督持豊(宗全)が率いる西軍に参加したが,領国美作は赤松政則に侵され,石見も大内氏の蹂躙にあい,文明初年(1469~73)ごろには分国を失った。最期も明らかでない。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

山名政清の関連キーワード山名教清