コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名氏幸 やまな うじゆき

2件 の用語解説(山名氏幸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名氏幸 やまな-うじゆき

?-? 南北朝-室町時代の武将。
山名師義(もろよし)の次男。惣領職(そうりょうしき)をめぐる内紛で叔父山名氏清,弟山名満幸と対立し,従兄弟山名時煕(ときひろ)にくみして敗れる。その後氏清らが明徳の乱(1391)をおこすと討伐軍にくわわり,乱後,伯耆(ほうき)守護に復帰した。名は氏之ともかく。通称は隠岐六郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山名氏幸

生年:生没年不詳
南北朝・室町時代の武将。伯耆守護。時義の次男,時煕の弟。氏之とも。康応1/元中6(1389)年5月,父時義の死により伯耆守護に補されたが,将軍足利義満は分国12国を誇る山名氏の専恣を憎み,山名一族の氏清・満幸に時煕・氏幸兄弟を討たせた。伯耆は満幸の軍に蹂躙され氏幸は時煕と共に備後に逃げるが,ここも細川頼之軍が押さえており,やむなく上洛して義満に宥免を請うた。氏清が義満に反した明徳の乱(1391)では氏清・満幸討伐に功を立て,乱後の行賞で伯耆守護に還補,以後子孫は同国守護として戦国に至る。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山名氏幸の言及

【山名氏清】より

…南北朝時代の武将。時氏の第4子。丹波・和泉守護。時氏没後,兄の師義が家督を継ぐが,師義も死没して弟時義が惣領となる。1389年(元中6∥康応1)時義が没すると,将軍足利義満は俗に〈六分一衆〉と呼ばれるほど強大化した山名氏の内部分裂を画策し,氏清が生前の時義と不和であったのを利用して,まず氏清,満幸(氏清の女婿)に命じて時義の子時熙(ときひろ),氏幸を討たせ,時熙の分国但馬を氏清に与えるなどした。時熙らは備後に逃れた。…

※「山名氏幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山名氏幸の関連キーワード山名時義菊池兼朝相良前頼武田信春伊達範宗土岐頼忠長瀬泰貞仁木義員三浦高連遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone