従兄弟(読み)いと

精選版 日本国語大辞典「従兄弟」の解説

いと【従兄弟】

古今(905‐914)雑体・一〇五四「いとこなりける男によそへて人のいひければ よそながらわが身にいとのよるといへばただいつはりにすぐばかり也〈久曾〉」

じゅう‐けいてい【従兄弟】

〘名〙 父または母の兄姉妹の子で、男性の人。父母のおい。いとこ。
※史記抄(1477)八「従兄弟と云ほどに兄也と云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「従兄弟」の解説

いとこ【従弟/従妹】

父または母の兄弟姉妹の子。おじ・おばの子。
[補説]自分との年齢の上下関係や性別によって「従兄」「従弟」「従姉」「従妹」などとも書く。
[類語]はとこまたいとこふたいとこ従兄弟じゅうけいてい従姉妹従兄従弟従姉従妹いとこ違い

じゅう‐けいてい【従兄弟】

男のいとこ。
[類語]いとこはとこまたいとこふたいとこ従姉妹従兄従弟従姉従妹いとこ違い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android