コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名師義 やまな もろよし

1件 の用語解説(山名師義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名師義 やまな-もろよし

1328-1376 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)3年生まれ。山名時氏の長男。若狭(わかさ)の所領問題で佐々木高氏と対立。これを機に父とともに南朝方に属して山陰に勢力をはるが,貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年幕府に帰順。丹後,但馬(たじま)の守護となった。永和2=天授2年3月11日死去。49歳。初名は師氏。法名は道興。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山名師義の関連キーワード北斉阿蘇惟政伊賀兼長斯波兼頼南部政光南部政行船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone