コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名師義 やまな もろよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名師義 やまな-もろよし

1328-1376 南北朝時代の武将。
嘉暦(かりゃく)3年生まれ。山名時氏の長男。若狭(わかさ)の所領問題で佐々木高氏と対立。これを機に父とともに南朝方に属して山陰に勢力をはるが,貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年幕府に帰順。丹後,但馬(たじま)の守護となった。永和2=天授2年3月11日死去。49歳。初名は師氏。法名道興

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山名師義の関連キーワード倉吉(市)山名氏城跡南北朝時代細川顕氏山名満幸山名時義山名氏冬山名持豊山名氏幸山名義幸嘉暦

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android