山本 礼三郎(読み)ヤマモト レイザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

山本 礼三郎
ヤマモト レイザブロウ

昭和期の俳優



生年
明治35(1902)年9月15日

没年
昭和39(1964)年9月11日

出身地
東京市芝区白金志田町

本名
山本 博吉

別名
別名=小沢 美羅二,市川 寿三郎

学歴〔年〕
中学〔大正7年〕中退

経歴
新旧劇団を経験後、大正11年大正活映の「紅草紙」で映画デビュー。翌年マキノ御室撮影所へ入社。敵役として注目される。昭和3年マキノを退社し、山本プロダクションをつくり聯盟に参加するが、聯盟はつぶれ河合映画へ。たて続けに主演スターとして「近藤勇」「清川八郎」などに。4年東亜キネマ・5年日活太秦と転じる。日活で伊藤大輔監督に出会い、個性的な性格俳優として進歩を見せた。11年日活多摩川へ移籍、内田吐夢「人生劇場」の吉良常役は代表作のひとつ。17年からは一時映画界を離れ劇団を組識するが、戦後再びフリーでカムバック。凄味のある総会屋や残忍なやくざなどを演じた。26年脊髄カリエスにかかった後もテレビ・映画出演を続けたが、39年「駿河遊俠伝・破れ鉄火」が最後の出演となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

山本 礼三郎
ヤマモト レイザブロウ


職業
俳優

本名
山本 博吉

別名
別名=小沢 美羅二,市川 寿三郎

生年月日
明治35年 9月15日

出身地
東京市 芝区白金志田町(東京都 港区)

学歴
中学〔大正7年〕中退

経歴
新旧劇団を経験後、大正11年大正活映の「紅草紙」で映画デビュー。翌年マキノ御室撮影所へ入社。敵役として注目される。昭和3年マキノを退社し、山本プロダクションをつくり聯盟に参加するが、聯盟はつぶれ河合映画へ。たて続けに主演スターとして「近藤勇」「清川八郎」などに。4年東亜キネマ・5年日活太秦と転じる。日活で伊藤大輔監督に出会い、個性的な性格俳優として進歩を見せた。11年日活多摩川へ移籍、内田吐夢「人生劇場」の吉良常役は代表作のひとつ。17年からは一時映画界を離れ劇団を組識するが、戦後再びフリーでカムバック。凄味のある総会屋や残忍なやくざなどを演じた。26年脊髄カリエスにかかった後もテレビ・映画出演を続けたが、39年「駿河遊侠伝・破れ鉄火」が最後の出演となった。

没年月日
昭和39年 9月11日 (1964年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android