清川八郎(読み)キヨカワハチロウ

百科事典マイペディアの解説

清川八郎【きよかわはちろう】

幕末の志士。出羽(でわ)庄内藩の郷士の子。江戸文武を学び,全国を遊歴ののち江戸で開塾。桜田門外の変後は志士として奔走,1861年江戸での挙兵計画が洩れ,潜行を余儀なくされる。九州で真木和泉平野国臣らの尊攘派と交わり,1862年島津久光の上京に合わせて挙兵を画策するが寺田屋事件で失敗。1863年幕府の浪士組結成に参加,京都に上ったが,近藤勇土方歳三佐幕派と対立し,江戸に送還され幕吏に暗殺された。旅日記《西遊草》がある。→新徴組
→関連項目新撰組千葉周作山岡鉄舟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清川八郎 きよかわ-はちろう

1830-1863 幕末の武士。
文政13年10月10日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)郷士。安積艮斎(あさか-ごんさい)らに儒学を,千葉周作に剣術をまなぶ。文久3年幕府の浪士組にくわわり京都で活動するが,攘夷(じょうい)を主張して江戸にもどされる。同年4月13日麻布(あざぶ)一之橋で幕臣の佐々木只三郎(たださぶろう)らに暗殺された。34歳。本姓は斎藤。名は正明。姓は清河ともかく。著作に「西遊草」「潜中紀事」。
【格言など】聖堂より大豪傑の出たることなし(父あての書簡)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きよかわはちろう【清川八郎】

1830‐63(天保1‐文久3)
幕末の志士。庄内藩領出羽国東田川郡清川村の郷士斎藤治兵衛の三男。地名をとって清川正明・清川八郎と称し,のち大谷雄蔵・日下部達三の変名を用いた。18歳で江戸に出て,東条一堂安積艮斎,千葉周作らの門に入って文武を修めた。一方で九州から北海道にわたる旅をして見聞を広め,江戸神田お玉ヶ池に塾を開き子弟の教育にあたった。1860年(万延1)桜田門外の変後に志士となり,各地の志士と交わる。江戸における挙兵計画が幕府に知られて追われる身となるが,各地に潜行しつつ活動を続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きよかわはちろう【清川八郎】

1830~1863) 幕末の志士。出羽国の郷士。江戸で幕府の浪士募集に応じ、浪士隊に入り上洛。佐幕派の近藤勇らと対立し江戸に戻され新徴組に編入、間もなく暗殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

清川八郎 (きよかわはちろう)

生年月日:1830年10月10日
江戸時代末期の尊攘派志士
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android