コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田吐夢 うちだとむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内田吐夢
うちだとむ

[生]1898.4.26. 岡山
[没]1970.8.7. 東京
映画監督。本名常次郎。1920年大活に俳優として入社,のちに日活へ移り監督となって数本の喜劇物を撮った。資本主義社会からくりを暴露した傾向映画生ける人形』(1929)が出世作で,以後『仇討選手』(1931),『裸の町』(1937),『』(1939)などの力作を発表。1945年中国に渡り,1954年に帰国,『血槍富士』(1955)で再起した。豪放な作風による名作を生み出し,日本映画界の巨匠といわれた。その他の作品に『大菩薩峠』(3部作,1957~59),『宮本武蔵』(5部作,1961~65),『飢餓海峡』(1965),『人生劇場・飛車角と吉良常』(1968),『真剣勝負』(1971)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うちだ‐とむ【内田吐夢】

[1898~1970]映画監督。岡山の生まれ。本名、常次郎。社会的に抑圧された人間の苦闘を描いた。代表作は、「生ける人形」「」「飢餓海峡」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

内田吐夢【うちだとむ】

映画監督。本名常次郎。岡山市生れ。《生ける人形》(1929年)はプロレタリア解放の思想にそった〈傾向映画〉の代表作。労働者や農民を描いた《限りなき前進》(1937年),《土》(1939年)は日本映画史上にリアリズムを確立した。
→関連項目片岡千恵蔵三國連太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田吐夢 うちだ-とむ

1898-1970 昭和時代の映画監督。
明治31年4月26日生まれ。大正15年日活にはいり,昭和2年「競争三日間」で監督デビュー。戦前は「生ける人形」「人生劇場―青春篇」「限りなき前進」「土」などを,戦後は東映で「大菩薩峠」「宮本武蔵」「飢餓海峡」などを監督した。昭和45年8月7日死去。72歳。岡山県出身。岡山中学中退。本名は常次郎。著作に「映画監督五十年」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うちだとむ【内田吐夢】

1898‐1970(明治31‐昭和45)
映画監督。日本映画には希有な骨太の力強い〈批判的リアリズム〉に貫かれた名作群の監督として知られるが,その底には激しいロマンティシズムを秘めており,おそらくそれは若いころの放浪生活で培われたものであろう。岡山市生れ。本名,内田常次郎。1927年に日活で喜劇《競走三日間》を撮り,監督として本格的にデビュー。戦前の代表作は《生ける人形》(1929)から《人生劇場》(1936),《裸の町》《限りなき前進》(ともに1937)を経て《》(1939),《鳥居強右衛門》(1942)に至る作品群で,これらはすべて主演の小杉勇(のちに監督となる)との注目すべき共同作業の結果である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うちだとむ【内田吐夢】

1898~1970) 映画監督。岡山県生まれ。本名、常次郎。サイレント期から戦後まで骨太なリアリズムに貫かれた多彩な作品を撮った。「土」「血槍富士」「飢餓海峡」「宮本武蔵」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田吐夢
うちだとむ
(1898―1970)

映画監督。本名常次郎。明治31年4月26日岡山市に生まれる。岡山中学中退後、横浜で働く。1920年(大正9)、同地に設立された大正活映の撮影所へ遊びに行くうち、『アマチュア倶楽部(くらぶ)』に出演、映画界に入る。1926年に俳優として日活に入社、『競走三日間』(1927)で監督へ転進した。1929年(昭和4)『生ける人形』を発表、社会機構に踊らされる小市民の悲哀を風刺的に描いて傾向映画の先駆と評価された。『仇討(あだうち)選手』(1931)も同じ主題の作品。1930年代後半には『人生劇場』(1936)、『裸の町』『限りなき前進』(1937)、『土』(1939)とトーキーによる重厚なリアリズム作品をつくる。1945年(昭和20)中国に渡り、1954年まで残留。『血槍(ちやり)富士』(1955)で復帰して、『大菩薩峠(だいぼさつとうげ)』三部作(1957~1959)、『宮本武蔵(むさし)』五部作(1961~1965)、『飢餓(きが)海峡』(1964)などで日本の男の暴力エネルギーを社会階級との関係で凝視、日本映画に一つの世界を確立した。昭和45年8月7日死去。著書に『映画監督五十年』(1968)がある。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

(ああ)小西巡査(1922)
延命院の傴僂(せむし)男(1925)
戦争(1925)
義血(1925)
虚栄は地獄(1925)
競走三日間(1927)
靴(1927)
未来の出世(1927)
漕艇(そうてい)王(1927)
東洋武侠団(1927)
なまけ者(1927)
砲煙弾雨(1927)
のみすけ禁酒騒動(1928)
地球は廻る 第三部 空想篇(1928)
けちんぼ長者(ケチンボ長者)(1928)
光(1928)
娑婆(しゃば)の風(1929)
生ける人形(1929)
日活行進曲 運動篇(1929)
大洋児出船の港(1929)
汗(1929)
天国其(その)日帰り(1930)
ジャンバルジャン 前後篇(1931)
日本嬢(ミスニッポン)(1931)
三面記事(1931)
仇討選手(1931)
大地に立つ 前後篇(1932)
愛は何処までも(1932)
叫ぶアジア(1933)
警察官(1933)
河の上の太陽(1934)
熱風(1934)
白銀の王座 前後篇(1935)
人生劇場(1936)
生命の冠(1936)
裸の町(1937)
限りなき前進(1937)
東京千一夜(1938)
土(1939)
歴史 第一部 動乱戊辰(ぼしん)(1940)
歴史 第二部 焦土建設・第三部 黎明(れいめい)日本(1940)
鳥居強右衛門(1942)
血槍富士(1955)
たそがれ酒場(1955)
自分の穴の中で(1955)
黒田騒動(1956)
逆襲獄門砦(1956)
暴れん坊街道(1957)
大菩薩(ぼさつ)峠(1957)
どたんば(1957)
千両獅子(1958)
大菩薩峠 第二部(1958)
森と湖のまつり(1958)
大菩薩峠 完結篇(1959)
浪花(なにわ)の恋の物語(1959)
酒と女と槍(1960)
妖刀物語 花の吉原百人斬り(1960)
宮本武蔵(1961)
恋や恋なすな恋(1962)
宮本武蔵 般若坂(はんにゃざか)の決斗(1962)
宮本武蔵 二刀流開眼(1963)
宮本武蔵 一乗寺の決斗(1964)
飢餓海峡(1964)
宮本武蔵 巌流島の決斗(1965)
人生劇場 飛車角と吉良常(きらつね)(1968)
真剣勝負(1971)
『内田吐夢著『内田吐夢――映画監督五十年』(1999・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内田吐夢の言及

【活劇映画】より

時代劇映画
[戦前の活劇]
 1920年代から30年代にかけて,活劇は隆盛をきわめ,活劇スターが輩出した。学生スポーツ映画の嚆矢(こうし)《我等の若き日》やオートバイ活劇《青春の歌》(ともに1924)や牛原虚彦監督とのコンビ作《潜水王》(1925),《近代武者修業》,《陸の王者》(ともに1928)などの鈴木伝明,山本嘉次郎監督《爆弾児》(1925)や《鉄拳児》,オートバイ活劇《快走恋を賭して》(ともに1926)などの高田稔,《恋は死よりも強し》(1925),《赤熱の力》(1926),《鉄拳縦横》(1927)などの竹村信夫,田坂具隆監督《阿里山の俠児》(1927),《雲の王座》(1929)や阿部豊監督《覇者の心》(1925),《非常警戒》(1929)や内田吐夢監督《東洋武俠団》(1927)などの浅岡信夫,溝口健二監督の海洋活劇《海国男児》(1926)や田坂具隆監督《鉄腕記者》,《黒鷹丸》,また内田吐夢監督《漕艇王》(ともに1927),《太洋児・出船の港》(1929)などの広瀬恒美である。これらの映画はときに〈猛闘劇〉と呼ばれ,鈴木伝明は学生出身のスポーツ俳優第1号とされ,続く浅岡信夫は陸のスポーツ俳優,広瀬恒美は海のスポーツ俳優と称されて,浅岡信夫はみずから監督もした。…

【人生劇場】より

…三州吉良(きら)に生まれた青成瓢吉が,青雲の志を抱いて早稲田に学び,野放図な青春を送り,学校騒動で主役を演じ,旗亭の娘お袖と恋仲になるが,やがて学校も女もすてるまでの〈青春〉編が傑作であり,評価も高い。【都築 久義】
[映画]
 〈青春〉編刊行の翌36年,内田吐夢監督により同監督のトーキー第1作として《人生劇場》は日活で映画化され,映画史上に残る名作となった。そのシナリオは新協劇団が築地小劇場で上演した戯曲にそうものであった。…

【大菩薩峠】より

…第2回は東映の《大菩薩峠》三部作(1953)で,監督は渡辺邦男,机竜之助を片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を三浦光子が演じた。第3回は同じく東映の《大菩薩峠》三部作(1957‐59)で,監督は内田吐夢(とむ),机竜之助を前作と同じ片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を長谷川裕見子が演じた。第4回は大映の《大菩薩峠》三部作(1960‐61)で,監督は第1部・第2部が三隅研次,第3部が森一生,机竜之助には市川雷蔵,お浜・お豊には中村玉緒が扮した。…

【土】より

…いわば当時の農村の厳しい現実を客観的に再現してみせた農民文学の傑作である。【浅井 清】
[映画]
 1939年,内田吐夢監督により日活で映画化された。貧しい小作農勘次が,妻をなくしたあと,娘おつぎとともに労働に明け暮れつつも生活苦にあえぐ姿を,祖父卯平との不仲,地主との関係のなかで描いていく。…

【日本映画】より

…大活はこの間,ほかに数本の短編をつくっただけで,《蛇性の淫》を最後に製作を中止し,22年には松竹に合併吸収された。こうして大活は短命に終わったが,谷崎潤一郎のもとでの新しい映画づくりのいぶき,トーマス栗原のもたらしたアメリカ式演出法,そしてそこから次代の監督,内田吐夢,二川文太郎,井上金太郎,俳優の岡田時彦(当時は高橋英一)らが育っていったことによって,日本映画史に大きな足跡をしるした。
【撮影所の興亡】

[関東大震災前後]
 吉沢商店が東京目黒行人坂に日本最初の撮影所を建てた(1908)のにつづいて,Mパテー商会が東京大久保百人町に(1909),福宝堂が東京日暮里花見寺に(1910),横田商会が京都二条城西南櫓下に(1910),次々撮影所を建設した。…

【プロレタリア映画】より

…この映画が,当時〈危険思想〉といわれた社会主義的イデオロギーにつらぬかれているということから,初めて〈イデオロギー映画〉あるいは〈傾向映画〉と呼ばれた。しかし,〈傾向映画〉ということばが真にジャーナリズムに乗るのは,プロレタリア作家,片岡鉄兵(1894‐1944)の新聞連載小説を映画化した内田吐夢監督の《生ける人形》(1929)がヒットしてからである。左翼思想といっても時流に乗った形式的なものであったと内田吐夢はのちに回顧しているが,地方から東京へ出てきて打算的な立身出世主義を処世哲学とする野心的な1人の青年が,生きている人形のように翻弄(ほんろう)される無残な姿を描いて,資本主義社会の巨大なからくりと冷酷さをあばいた映画であった。…

※「内田吐夢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内田吐夢の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世][各個指定]工芸技術部門アッタロス1世アッタロス朝アルビヌス津野[町]自然単位系テルトゥリアヌス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内田吐夢の関連情報