コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村 美紗 ヤマムラ ミサ

1件 の用語解説(山村 美紗の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

山村 美紗
ヤマムラ ミサ

昭和・平成期の推理作家



生年
昭和9(1934)年8月25日

没年
平成8(1996)年9月5日

出生地
京都府京都市伏見区

出身地
旧朝鮮・京城

学歴〔年〕
京都府立大学文学部国文科〔昭和32年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本文芸大賞(第3回)〔昭和58年〕「消えた相続人」,京都府文化賞(功労賞 第10回)〔平成4年〕,京都府あけぼの賞〔平成4年〕

経歴
昭和32〜39年京都市立伏見中学の教壇に立ったのち、結婚し主婦に。42年頃から創作を始め、テレビドラマ「特別機動捜査隊」の脚本を担当。46年に「死体はクーラーが好き」が小説サンデー毎日新人賞候補となり、49年「マラッカの海に消えた」でデビュー。「京都紫野殺人事件」「京都新婚旅行殺人事件」など京都を舞台にしたミステリーを多く執筆。作品の多くがテレビのサスペンスドラマ化され、“トリックの女王”と呼ばれた。ベストセラーに「花の棺」「百人一首殺人事件」「鳥獣の寺」など、他に「山村美紗長編推理選集」(全10巻 講談社)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山村 美紗の関連情報