コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村 美紗 ヤマムラ ミサ

1件 の用語解説(山村 美紗の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

山村 美紗
ヤマムラ ミサ

昭和・平成期の推理作家



生年
昭和9(1934)年8月25日

没年
平成8(1996)年9月5日

出生地
京都府京都市伏見区

出身地
旧朝鮮・京城

学歴〔年〕
京都府立大学文学部国文科〔昭和32年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本文芸大賞(第3回)〔昭和58年〕「消えた相続人」,京都府文化賞(功労賞 第10回)〔平成4年〕,京都府あけぼの賞〔平成4年〕

経歴
昭和32〜39年京都市立伏見中学の教壇に立ったのち、結婚し主婦に。42年頃から創作を始め、テレビドラマ「特別機動捜査隊」の脚本を担当。46年に「死体はクーラーが好き」が小説サンデー毎日新人賞候補となり、49年「マラッカの海に消えた」でデビュー。「京都紫野殺人事件」「京都新婚旅行殺人事件」など京都を舞台にしたミステリーを多く執筆。作品の多くがテレビのサスペンスドラマ化され、“トリックの女王”と呼ばれた。ベストセラーに「花の棺」「百人一首殺人事件」「鳥獣の寺」など、他に「山村美紗長編推理選集」(全10巻 講談社)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山村 美紗の関連情報