コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田通孝 やまだ つうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田通孝 やまだ-つうこう

?-? 江戸時代後期の連歌師。
山田通故(つうこ)の孫。阪昌成(ばん-しょうせい)にまなび,家職の幕府連歌師をつぐ。連歌作品をひろく収集し,天保(てんぽう)年間(1830-44)に「連歌集書」107冊を書写,編集した。通称は縫殿

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田通孝の関連キーワード山田通故

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android