コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家職 カショク

デジタル大辞泉の解説

か‐しょく【家職】

その家に伝わる職業。家業。
武家華族富豪などで、家の事務を執る人。

や‐じょく【家職/屋職】

大工・左官など建築に関係する職業。また、それにたずさわる人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしょく【家職】

家の職業。家業。 「 -を継ぐ」
武家・華族などで、事務を執る人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家職
かしょく

平安中期以降に現れた、中央官制における特定の「家(いえ)」(家系)による特定官職の世襲的請負制度の観念。10世紀以降、律令国家における官司の再編成が進み、技能や学術面の特定の官職に特定の「家」の出身者が世襲的に就任する傾向が強まった。史料上にも礼家(れいけ)、薬家(やくけ)、法家(ほうけ)、経家(きょうけ)、暦家(れきけ)などがみられ、家学として算道に通じた小槻(おづき)氏は太政官弁官局(べんかんきょく)の主宰を世襲して官務家(かんむけ)と呼ばれるようになり、また明経道(みょうぎょうどう)に通じた中原氏・清原氏が外記(げき)局に世襲的に就くようになる。こうした業務の独占的世襲(官司請負(かんしうけおい))は中央官制の変質を余儀なくさせ、官司は個々に分離独立して完結的に業務を行い、その業務と収益が不可分に結びつけられる官庁運営方式を生み出した。また武門の棟梁としての武家も、こうした流れの中で軍事警察力を分担する武芸の家としての役割を負ったものと考えられている。[木内正広]
『佐藤進一著『日本の中世国家』(2007・岩波現代文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

家職の関連キーワード山内首藤時通(2)谷村嘉順(2代)ミニステリアーレ日本山海名産図会大黒常是(9代)青木宗鳳(2代)二階堂忠行平家没官領本阿弥光甫種岡兼一郎五十嵐華亭本阿弥光悦木村蒹葭堂黄文本実佐竹宣尚北村季春竹内有節北村春水山本由之鈴鹿連胤

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家職の関連情報