コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書写 ショシャ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐しゃ【書写】

[名](スル)
書き写すこと。筆写。「経典を書写する」
小・中学校国語科科目の一。文字を正確に書くことを目的とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょしゃ【書写】

( 名 ) スル
書き写すこと。 「経文を-する」
小・中学校の国語科の一分野。文字を正しく書くことを学習する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書写
しょしゃ

本来は書き写すという意味の語であるが、学校教育においては一つの学習指導分野をさし、文部省(現文部科学省)は1958年(昭和33)改訂の小・中学校学習指導要領から、在来の「書き方」「習字」の呼称にかえて「書写」の語を用いることにした。国語のなかで毛筆と硬筆により「文字を正しく整えて書く」ことを目ざすという、国語における学習指導の主旨を鮮明にするためであった。伝統的な用語を避けて、あえてこれまでなじみの薄かった「書写」の語に切り替えたことの背景には、「習字」の語につきまとう精神主義や「毛筆による手習い一辺倒」の学習からの脱却を図り、「日常、硬筆によって文字を書くこと」に有効に機能する学習を目ざす意図があった。
 このとき以降、「書写」が正規の学校教育用語となったが、社会には十分になじまれない面があり、従前の「習字」の語が学校教育の場で誤用されることが多い。[久米 公]
『阿保直彦ほか編、加藤達成監修『書写・書道教育史資料』全3巻(1984・東京法令出版) ▽久米公著『書写書道教育要説』(1989・萱原書房) ▽続木湖山編書『毛筆書写事典』新版(1991・教育出版) ▽新書写教育研究会概要編集委員会編『書写教育概要』新訂2版(1993・ぎょうせい) ▽上条信山著『新書写書教育事典――理論と実践』(1993・木耳社) ▽全国大学書写書道教育学会編『新編書写指導』(2003・萱原書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の書写の言及

【習字】より

…その後,習字教育復活の声が強くなり,51年の学習指導要領では,小学校四年生以上で,国語科の時間に毛筆習字を課することが可能になった。また68年以降は名称が〈書写〉に変わり,現在は小学校三年生から毛筆による書写が,硬筆による書写(一年生から)とともに課されるようになっている。高校では,音楽,美術などとならんで書道が芸術教科の一つとして選択課目となっている。…

※「書写」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

書写の関連キーワードフェルトかきかたぺんかきかたフェルトペン硬筆かきかたぺん元永本古今和歌集元暦校本万葉集一本御書所一切経供養道行(2)扇面写経黄巻赤軸仏経供養𦬇点菩提節用文字五種法師夏書納め写経所円教寺羊皮紙紀家集一品経

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書写の関連情報