山眠る(読み)ヤマネムル

デジタル大辞泉の解説

山(やま)眠・る

《「臥遊録」の「冬惨淡として眠るが如し」から》冬の山の静まり返ったようすをいう。 冬》「硝子戸にはんけちかわき―・る/万太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまねむる【山眠る】

俳句で、生気を失って静まり返っている冬の山の形容。 [季] 冬。 -大和の国に来て泊る /山口青邨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま【山】 眠(ねむ)

冬の山の静まりかえった形容。《季・冬》
※俳諧・糸切歯(1762)正月「(すでに)山笑、山粧、山眠、三季は用ひて夏を式に入ざるは句に作りて紛らはしき故除たるも誹諧の掟也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山眠るの関連情報