山芹菜(読み)ナベナ

デジタル大辞泉の解説

なべ‐な【山芹菜】

マツムシソウ科の越年草。山地に生え、高さ1メートル以上になり、全体にとげのような毛がある。葉は羽状に裂けていて、柄に翼がある。夏から秋、紅紫色の頭状の花が咲く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なべな【山芹菜】

マツムシソウ科の越年草。山野に自生。茎は高さ1メートル 以上に達し、とげ状の剛毛がある。葉は羽状に分裂。8~10月、枝を分け紅紫色で長さ2、3センチメートルの楕円形の頭花を頂生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android