山芹菜(読み)ナベナ

  • 山=芹菜
  • 山芹菜 (ナベナ)

大辞林 第三版の解説

マツムシソウ科の越年草。山野に自生。茎は高さ1メートル 以上に達し、とげ状の剛毛がある。葉は羽状に分裂。8~10月、枝を分け紅紫色で長さ2、3センチメートルの楕円形の頭花を頂生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android