山芹菜(読み)ナベナ

デジタル大辞泉の解説

なべ‐な【山芹菜】

マツムシソウ科の越年草。山地に生え、高さ1メートル以上になり、全体にとげのような毛がある。葉は羽状に裂けていて、柄に翼がある。夏から秋、紅紫色の頭状の花が咲く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なべな【山芹菜】

マツムシソウ科の越年草。山野に自生。茎は高さ1メートル 以上に達し、とげ状の剛毛がある。葉は羽状に分裂。8~10月、枝を分け紅紫色で長さ2、3センチメートルの楕円形の頭花を頂生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android