コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山菅の ヤマスゲノ

デジタル大辞泉の解説

やますげ‐の【山×菅の】

[枕]
山菅の葉が茂り乱れている意から、「乱る」「背向(そがひ)」にかかる。
「―思ひ乱れて恋ひつつ待たむ」〈・三二〇四〉
山菅の実の意で、「実」にかかる。
「―実成らぬことを」〈・五六四〉
山菅の「やま」と同音の、「止まず」にかかる。
「―止まずて君を思へかも」〈・三〇五五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やますげの【山菅の】

( 枕詞 )
山菅の実、および葉の乱れ茂る意から比喩的に「実」「乱る」にかかる。 「 -実成らぬことを我に寄そり言はれし君は誰とか寝らむ/万葉集 564」 「 -乱れ恋ひのみせしめつつ/万葉集 2474
同音・類音を重ねて「止まず」「背向そがひ」にかかる。 「 -止まずて君を思へかも/万葉集 3055」 「 -そがひに寝しく今し悔しも/万葉集 3577

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報